村上華岳、入江波光、冨田溪仙、浅井忠、須田国太郎、村山槐多、鳥海青児、長谷川潔、駒井哲郎 等、近代日本の洋画、日本画、版画 奈良市の美術館

公益財団法人 中野美術館
〒631-0033 奈良市あやめ池南9丁目946-2
電話・FAX (0742)48-1167
  1. HOME >
  2. 展覧会のご案内

展覧会のご案内

現在の展覧会

秋季展 近代日本絵画の歩み
会 期 前期 令和3年 9月 11日(土) ~ 10月10日(日)
後期 令和3年10月16日(土) ~ 11月14日(日)
休館日 毎週月曜日
※9月20日(月・祝)は開館し、9月21日(火)は休館
開館時間 午前10時~午後4時
入館料 一般:600円
シニア(65歳以上)・大・高生:500円
中・小生:250円 

 

近代日本絵画の歩み

[洋画・版画] 〈洋画展示室〉

明治洋画の基礎を築いた浅井忠や白馬会の青木繁、大正期の萬鉄五郎(ヒュウザン会)や草土社の岸田劉生《青年の首》(1918年)、二科会の小出楢重《鏡なある静物》(1919年)の作品を中心に、昭和期の独立美術協会の須田国太郎、鳥海青児《大理石を運ぶ男》(1958年)の作品や終戦直後の松本竣介《焼跡風景》(1946年)や戦後の林武の作品に至るまで、また、長谷川潔の渡仏後の作品や清宮質文の版画作品を交え約30点を展示いたします。


[日本画]〈日本画展示室〉

富岡鉄斎の明治期の作品をはじめ、日本美術院を創設した横山大観《遠寺晩鍾》(1912年)や京都から再興美術院の同人となった冨田渓仙の作品を中心に、京都画壇の総帥である竹内栖鳳、国衙創作協会ゆかりの村上華岳《嵒峰秋晩》(1936年)や入江波光《朝に遊ぶ子》(1927年頃)の昭和期の作品に至るまで、前後期併せて27点を展示いたします。

明治から昭和への近代絵画の歩みを中野美術館のコレクションで辿ります。

主な出品作品

岸田劉生《青年の首》
岸田劉生《青年の首》 1918年【前後期】
松本竣介《焼跡風景》
松本竣介《焼跡風景》 1946年【前後期】
鳥海青児《大理石を運ぶ男》
鳥海青児《大理石を運ぶ男》 1958年【前後期】
横山大観《遠寺晩鐘》
横山大観《遠寺晩鐘》 1912年【前後期】
村上華岳《嵒峰秋晩》
村上華岳《嵒峰秋晩》 1936年【後期】
入江波光《朝に遊ぶ子》
入江波光《朝に遊ぶ子》  1927年頃【前期】

これからの展覧会

所蔵名作展 「近代日本の洋画・日本画」

過去の主な展覧会

1 開館記念展
近代日本の絵画
昭和59年3月3日~3月12日
2 開館3周年記念  中野美術館所蔵
村上 華岳 展
昭和62年9月15日~11月23日
3 開館5周年記念  中野美術館所蔵
須田 国太郎・鳥海 青兒 展
平成元年9月14日~11月26日
4 開館7周年記念  中野美術館所蔵
入江 波光 展
平成3年9月12日~11月24日
5 開館10周年記念  中野美術館所蔵
村上 華岳・須田 国太郎 展
平成6年9月15日~11月30日
6 開館15周年記念  中野美術館所蔵
長谷川 潔・駒井 哲郎 展
平成11年9月15日~11月23日
7 開館20周年記念  館蔵80選 平成16年9月10日~12月5日
8 開館30周年記念展
・昭和の絵画
 -須田国太郎・鳥海青児・長谷川潔・駒井哲郎を中心に-
・村上華岳・入江波光
平成26年9月12日~11月16日
公益財団法人 中野美術館
〒631-0033
奈良市あやめ池南9丁目946-2
電話・FAX (0742)48-1167
PAGE TOP